「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「自己肯定感を育むための最高の声掛け」

「自己肯定感を育むための最高の声掛け」

 

「君がいるだけで、僕は幸せなんだよ」

 

この言葉が、その子の自己肯定感を育んでいく。

 

自己肯定感がある状態とは?

 

「自分には価値がある」と当たり前に思えている状態のこと。

 

しかし、残念ながら、日本の若者の「自己肯定感の低さ」は、先進国の中でトップクラス。

 

約90%の若者が、「自分には価値があまりない」と思っている。(内閣府発表)

 

この自己肯定感の低さの背景には、日本に植え付けられた「条件愛」の教育がある。

 

「〜できたら愛してあげる」

 

「〜できなければ愛してあげられない」

 

家庭で、学校で、会社で、社会で、そんな条件愛の空気に締め付けられるうちに、

 

「何かをできなければ愛されない」

 

「人より優れなければ愛されない」

 

そして、課せられた条件を達成できないときに、

 

若者たちの自己肯定感は爆下がりしてしまう。

 

少し、立ち止まって考えてみてほしい。

 

人から愛されるために、人より優れている必要はない、と言うことを。

 

人を大切にする人、

 

人を素直に愛する人であれば、

 

その人格にふさわしい人から愛される。

 

「何かができる人」だから愛されるのではなく、

 

「人を大切にしている人」だから愛される。

 

それでいいし、それがいい。

 

「君があるだけで、僕は幸せなんだよ」

 

この声かけによって、その子の中に「自分は存在するだけで人を幸せにする」

 

と言う最高の自己肯定感が育つ。

 

その子は、当たり前に人を大切にして、人を幸せにしていく人生を生きる。

 

そして、その子の人生は幸せになる。

 

また明日。