「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「現場での優秀な指揮官」、「勇気が溢れ出る言葉」

「現場での優秀な指揮官」、「勇気が溢れ出る言葉」

 

年齢や経験を重ねてくると、先輩方や同期、同級生、さらに後輩たちが、

各業界でリーダーとして、最強のチームづくりに奮闘している様子が、

SNSなどから伝わってくる。

 

私は、現場でやり残していることがまだまだあるし、

挑戦したいことが山積しているので、

「そちら側」にいくつもりはない。

そして、これからも行かないだろう。

 

なぜなら、私はかつて、魅力的で優秀な上司に出会ったことがないからだ。

情熱はあっても企画力に欠け、

企画力はあっても行動力に欠け、

行動力はあっても、同僚性に欠ける指揮官が多くいた。

 

「じゃ、お前がなれよ」

これもよく言われる。

 

理由は一つ。現場の指揮官に「人事権」がないから。

「こんな会社にしたい」「こんな学校にしたい」

こんな熱い思いがあっても、「ヒト」が選べない。

この部署のこの部門を強化したいから、その分野に優秀な人材を配置できない。

また、すぐ休む、楽をしようとする、義務を果たさず権利ばかりを主張する…。

 

さらに、「選べない」システムに加え、もし不祥事があれば、

自分が人選してもいない部下のために、各方面に何度も頭を下げなければならない。

「それが上司の仕事だろう」

それを言われればそこまでなのだろうが、

「コイツのためなら、職を辞してでも守ってあげたい」

「この人のためなら、これからも頑張れる」

この双方向の強固な信頼関係がないと成立しない。

だから、私は人事権のないリーダーなど引き受けないし、

それらを統括する「あちら側」には行かないと決めている。

 

ちなみに、過去にこんな上司がいた。

フィードバックが天才的な上司の言葉。

「褒める時はヒトを主語に、注意するときはモノを主語にする」

と言っていた。

褒めるときは、「○○さんが頑張って仕事をしてくれた」と、

名前を前面に出す一方、注意するときは、

「この資料に誤入力があるので修正が必要」と、資料を対象にする。

ものすごく本質的な知識。そして、優秀な上司。

 

私自身、子どもたちのサッカーの団体を運営しているトップとして、

いつも迷いそうになったときは、いつも言葉たちに助けられている。

 

①100のノウハウより、1個の本気がものをいう。

 

②素直さ、真面目さは、仕事の「分母」。

 知識とや技術といった「分子」だけでは、

 人間は大きく伸びていくことはできない。

 

 

③「選択」は理知による行為だが、

 「決断」はその理知を超えた「思い」によって行うもの。

 

④冷静になって考えてみると、致命傷を負うような失敗って、そんなにない。

 だから、怖がりすぎないで、気楽に試してみる。

 失敗してもカラッと受け入れる。

 これを繰り返していくことが、大事。

 

⑤何度失敗しても鏡の前で言う。

「で、どうするん?」と。

 

⑥自分で経験すれば何でも面白い。

 みんな早く手応えが欲しい、早くいい結果が欲しいってなっている。

 ズルしてでも早く欲しいみたいな。

 そういうのは面白くなくて、

 なかなかいい手応えや結果にたどり着けない自分を面白がれって。

 

⑦夢は逃げない。

 逃げるのはいつも自分。

 

どんな家やねん。

また明日。