「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「ホリエモン」

ホリエモン

 

こんなことを言ったら馬鹿だと思われる、

頭がおかしいと思われる、

笑い物になる。

 

残念ながら、真面目な人ほど「世間の目」を気にしてしまう。

つまり、どうにもプライドが高すぎる。

 

「勤めるなら大企業でないと…」

「マイホームぐらい持ってないと…」

「職を失うなんて恥ずかしい…」

 

自分の望みとは関係なく、

世間の目を気にして物事を決めてしまう。

そんなツマラナイ人間のハッタリなんかに誰も乗ってこない。

 

自分は恥ずかしくてできないが、

この人はフルスイングでやってくれる。

そういうスカッと突き抜けた

宇宙人のような存在にならなくてはいけない。

 

SNSを見るとよくわかる。

派手なハッタリをかましバカ丸出しで挑戦する人たち。

ロケットを飛ばす、美術館を建てる、

ユーチューバーになる、歌手デビューする。

そして、その挑戦をバカにし揶揄する匿名アカウントたち。

 

最初は周りがバカにし、笑い者にしても、とにかく目立つ。

ツッコまれることによって良くも悪くも注目される。

すると局地的に熱が生まれ、次第に共感が集まり、

結果として人とお金が回っていく。

 

今の時代「ツッコミ」であることには何の得もない。

「ボケ」をかまして最大の恥をかく。

そして、周りから叩かれる。

これこそが最高のプロモーションになるのだ。

 

プライドを捨てろ、そして、自ら恥をさらしに行くのだ。

また明日。