「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「子どもが自信をなくす時」

「子どもが自信をなくす時」

 

「ほら、だから言ったでしょ!」

 

こんな声かけをしている人は、今すぐやめて頂きたい。

 

子どもの自信がなくなっていきます。

 

「だから言ったでしょ。だから言ったのに。」

 

このような言葉は、子どもの行動と決断を否定することになる。

 

子どもたちはこの言葉を聞くと、

 

「自分だと何もできないのかな。」

 

「大人の言う通りが一番いいのかな。」

 

「大人が決めてくれた方が安心。」

 

こんな気持ちになる。

 

これを続けていると、自分の考えや意志を持たずに、

 

誰かに依存して指示待ち人間になります。

 

そんな時はこうしよう!

 

「どんな結果でも子どもに責任を負わせる」

 

ドライな気持ちではありますが、

 

辛いことも良くできたことも経験させる。

 

「どうしてできたのか」

 

「どうすればよかったのか」

 

振り返る時間を設けることが大切。

 

子どもが自分で決めたことは失敗ではない。経験になる。

 

だからこそ大人がサポートをするスタンスで、

 

子どもの自立をサポートしよう。

ではまた明日。