「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「招待状」

[招待状]

 

ある先生が小学校5年生の担任になりました。 

 

クラスの生徒の中に、 勉強が出来なくて、服装もだらしない不潔な生徒がいました。 

 

その生徒の通知表にはいつも悪い評価しか 書いていませんでした。 

 

あるとき、この生徒が1年生だった頃の記録を見る機会が ありました。 

 

そこには、 

「明るくて、友達好き、人にも親切。勉強も良く出来る」 

と、書いてありました。 

 

間違っていると思った先生は、 気になって2年生以降の記録も調べてみました。 

 

2年生の記録には、 

「母親が病気になったために世話をしなければならず、 ときどき遅刻する」 

と、書かれていました。 

 

3年生の記録には、 

「母親が死亡、毎日、悲しんでいる」 

と、書かれていました。 

 

4年生の記録には、 

「父親が悲しみのあまり、 アルコール依存症になってしまった。 

暴力をふるわれているかもしれないので注意が必要」 

と、書かれていました。 

 

先生は急にこの生徒が愛おしく感じました。 

悩みながら一生懸命に生きている姿が浮かびました。 

放課後、先生はこの生徒に、 

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、 一緒に勉強しない?」 

と、男の子に声をかけました。 

 

男の子は微笑んで、その日から 一緒に勉強することになりました。 

 

6年生になって男の子は先生のクラスではなくなりましたが、 卒業式のときに先生は男の子から、 

「先生はぼくのお母さんのような人です。 ありがとうございました」 

とい、書いたカードを受け取りました。 

 

卒業した後も、数年ごとに 先生は男の子から手紙をもらいました。 

 

「先生のおかげで大学の医学部に受かって、 奨学金をもらって勉強しています」 

 

「医者になれたので、患者さんの悲しみを癒せるように頑張ります」 

などと手紙に書かれていました。 

 

そして、先日、届いた手紙は 結婚式の招待状でした。 

 

そこには、 

「母の席に座ってください」 

と、書き添えられていました。 

 

 

(鈴木秀子先生のお話『致知』) 

 

 

人には見た目の雰囲気だけでは

知りえない色んなもんをしょってる

 

そんなあなたを 

誰かがちゃんと見ていてくれて

そっと勇気づけてくれたら

どんなに心がほっこりするだろうか

 

だからこそ

落ち込んでいる人が身近にいたら

そっと励まして見守ってあげれる人になりたいな

 

癒すことは癒されること

 

私のお気に入り

スターバックスラテ(グランデ)

 自宅の横にできて欲しい。

f:id:Azu-T:20210131093814j:plain

②そんな大好きなスタバで豆を買って自宅でも楽しめるように買ったが、取り敢えず希望通りの粉末にはなるが、かなり散らばるのが難点。

Delonghiデロンギ)コーヒーメーカー

f:id:Azu-T:20210131093938j:plain

では、また明日。