「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「親孝行」

「親孝行」

 

今日、実家の母から送ってくれたジャガイモを料理しながら、少し考えた。

 

「親孝行」とは何だろう。

 

「親孝行」とは、親を敬い、大切にし、真心を持って尽くすことを言う。

 

たとえば、生活に困る親に仕送りをしたり、年老いた親を介護したりなど。

 

どれも、親孝行として代表的な行動。

 

 

しかし、「本当の親孝行」となると、もっと奥の深い話になる。

 

「本当の親孝行」とは何だろう。

 

これは、あなたが親になったとき、わが子が自分に何をしてほしいかを想像すれば、わかる。

 

おそらく欲深いことは考えないはず。

 

「大きく育ったから、これまで費やした養育費を返せ」とは言わないだろう。

 

「年を取ったから、自分を看病しろ」と、強制することもないだろう。

 

 

おそらく一番願うことは、立派な社会人として育つことだ。

 

わが子が立派に成長して、人と社会に貢献することを、最も願うはずだ。

 

自分の産んだ子が、社会の中で立派に生きていることは、親として一番嬉しいことだ。

 

 

 

つまり、本当の親孝行とは、人と社会に貢献する生き方をすることだ。

 

親が死ねば、もう親孝行できないかというと、そうではない。

 

親が死んでからも、親孝行ができる。

 

親からいただいた命を、最期の最期まで、人と社会のために最大限生かすことだ。

 

立派に仕事をするわが子を見れば、亡くなった親も、天国で誇らしく思うだろう。

 

一生懸命に生きる。

 

だらだら生きるのではなく、人と社会のためになる生き方をすることだ。

 

それが、本当の親孝行だと思う。

 

このブログも誰が読んでくださっているかわからないが、

読んでくださっている方のために毎日綴り続けていこうと思う。

 

街なあふれる「何でやねん」シリーズ

①どれよ?

f:id:Azu-T:20210726193206j:plain

また、明日。