「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「気付き」と「学び」の違い

「気付き」と「学び」の違い(第1回・全2回)

 

「気付きと、学びって、何が違うんですか?」

 

真面目な後輩が、私に問いかけてきました。

 

「気付き」は他人から得られるが、「学び」は自分でしか手に入らない。

 

内容の薄い研修で、参加者がよく感想欄に書く平凡な文章。

 

「今日の研修では、多くの気付きがありました」

「今日の研修では、多くの学びがありました」

 

おそらく、「気付き」と「学び」という言葉を、同じような意味合いで使っている人は、どっちを使っても違和感を覚えないだろう。

 

考えてみると、「気付き」と「学び」は、何が違うのか。 

 

「気付き」は他人から得られるものだが、「学び」は自分でしか手に入れることができない。

 

「気付き」とは文字どおり気付くこと。

何か新しいことを発見すること、新しく意識することを指す。

 

例えば、

「こんな道端に花が咲いているだなんて、はじめて気付いた」

とは言うが、

「こんな道端に花が咲いているだなんて、はじめて学んだ」

とは言わない。

 

「学ぶ」とは、勉強して身に付けること。主体性がカギ。

例えば、

「あの営業所の所長をしていた4年間に、いろいろな本を読んで問題解決手法を学んだ」

とは言うが、

「あの営業所の所長をしていた4年間に、いろいろな本を読んで問題解決手法に気付いた」

とは言わない。

 

(明後日に続く)

第2回

①「受動的か、能動的か」

②「点火、線か」

③「探究心」

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①健闘を祈ります。

f:id:Azu-T:20211130193611j:plain

 

ではまた、明後日。