「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「自分の引き出しが少ない時に、人は怒る」「エッジの効いた言葉」

「自分の引き出しが少ない時に、人は怒る」

 

人は、引き出しが少ない時に怒る。

 

「そうした問題には、こうした方が良い」という経験がないと人は怒る。

 

だから、そういう(至らない)若手がいても、

 

「ああ、なるほどな。俺もそうだったな」と思えて、

 

それをちゃんと解決に導いてやる事ができれば怒らない。

 

だから、経験や失敗がいっぱいある人は怒らなくなる。

 

そうやって、人は「丸く」なっていく。

 

自分のやり方が、一つしかない人は、それからはみ出たことをする他人に、

 

「テメエ!何やってるんだ!こういう時はこうしろ!」

 

と自分のやり方を押し付けて、強引に自分流に持っていこうとする。

 

でも、別のやり方があると知っている人は、

 

「ああ、こういうやり方をしているのか。だったら、こうしてみろよ」

 

と怒らずにアドバイスができる。

 

だから、自分も成長しないと、世の中は腹が立つことばかりなんだと思う。

 

今怒りっぽい人も昔は何も知らなかったんだと思う。

 

だから、腹を立てることも少ない。

 

それが、だんだんと世の中のことがわかるようになってくる。

 

少し分かり始めてきたら、

 

「これはおかしい」と思って腹を立てるようになってくる。

 

これが、もっと経験を積んで、より分かるようになってくれば、

 

「そういうパターンもあるんだ。でも、そこまでなのか。だったらこうしたほうが…」

 

とアドバイスできるようになるのかも。

 

 

「エッジの効いた言葉」

 

砂浜は歩きにくい。

コンクリートの道は歩きやすいが、足跡は残らない。

 

 

万人に好かれようとしたら、誰かの心に刺さるような存在にはなれない。

 

 

緊張を嫌がるな、緊張する場面にいる自分を誇りに思え。

 

 

後ろ向きでも前には進める。

 

 

上手な模倣は、完全な独創である。

 

 

才能の差は小さいが、努力の差は大きい。

継続の差はもっと大きい。

 

 

人は理屈では動かない。

感情で動く。

だから感動する。

 

最高の週末を。

また明日。

 

失敗しなかった一日は、

何もしなかった一日。