「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「すべての仕事に意味がある」

「すべての仕事に意味がある」

 

パナソニックの創業者である松下幸之助は、

 

全国各地の自社工場の視察に訪れた。

 

彼が訪れたある工場の中に、

 

ただひたすら小さいソケットのついた豆電球を

 

磨く作業をしている工員の方たちがいた。

 

松下さんは、彼らの作業を眺めた後、

 

いきなり感に堪えない声で、

 

「ええ、仕事やなあ」と言った。

 

すると、みんなびっくりして手を止める。

 

「電球を磨く仕事の何がいい仕事なの?」

 

そこで、松下さんは彼らにこう言いだした。

 

「ええ、仕事や。

 

あんたらが磨いている電球は、どこで光るか知っとるか?

 

山間の村の中には、まだ電球が行き渡ってないところがいっぱいある。

 

そう言うとことにも子どもたちはいっぱいおる。

 

そこに住む子どもたちは、夜になって暗くなったら、

 

外で遊ぶことも、本を読むこともできなくなる。

 

あとは寝るだけや。

 

本というのは人間の心を豊かにするわな。

 

その本を読んで彼らが未来を見て、心を躍らせ、

 

「ああ、僕も大きくなったら、こうなろう、ああなろう」

 

と、そう考えさせてくれる読書も、

 

日暮れと共にページを閉じなければならない時がやってくる。

 

もう少し続きを読みたい。でも暗くて読めない。

 

そんな時、あんたらが磨いてくれた電球が「ポッ」と灯りよる。

 

その電球の下には、

 

彼らが読みたいと思っていた活字がはっきりと見える。

 

子どもたちはその本を開いて、

 

また心を夢の世界に躍らせ続けることができる。

 

あんたらのしていることは、

 

子どもたちの夢と未来を育むええ仕事や。

 

ほんまにええ仕事やなあ。

 

世の中に意味のない仕事なんてない。

 

全員の1つ1つの仕事のおかげで、社会は成り立っているんだ。

 

何の仕事をするかよりも、

 

どんな気持ちで仕事をするのか。

 

この事実を忘れずに生きていきたい。

 

最高の日曜日をお過ごし下さい。

また明日。